NPO法人 ふるさと環境市民
メニュー
トップページ
たのしくわかりやすい環境学習
環境のまちづくり
講座・シンポジウム・企画・提案・運営
受託事業
環境首都コンテスト
お問い合わせ先 ふるさと環境市民
場所 神奈川県綾瀬市
連絡先 09080044166
Mail お問い合わせ
パンフレットはこちら ⇒ PDFファイル(522KB)

神奈川県環境農政部 環境計画課
アジェンダ21かながわ環境情報相談コーナー
環境省「環のくらし」
省エネルギーセンター
ストップおんだん館
全国地球温暖化防止活動推進センター
環境市民
スペースふう
さむかわエコネット
協力企業
 (株)タズミ
 (株)ダイナナ
 (株)山室
 (有)佐谷商事

WEB製作会社 オフィスエヌアイエス − WEBシステム開発 WEBコンテンツ製作 モバイルコンテンツ製作 −
  当ホームページは↑こちらで製作していただきました。
Get Acrobat Reader.
AcrobatReader は、こちらから入手して下さい。
 
2018/12/14 一覧に戻る
おもしろ博士「博士大集合!」(北の台小4年)
タイトル:開催日:2018年12月14日  
場 所:綾瀬市立北の台小学校
対 象:4年生84名
 
北の台小学校で「博士と一緒に温暖化について考えました!」
副題:地球温暖化とマイクロプラスチックの現状

北の台小学校の皆さんはとても聡明でほがらか。熱心に取り組んでくれました。特に、 今回は今世界的な危機を呼び起こしている「マイクロプラスチック」についても学習しました。何気なく道端に捨てられているプラスチックのゴミはやがて川に流れ海へと運ばれるうちに直射日光や波にもまれどんどんマイクロ化して魚のお腹に吸収されています。その汚染の様子は目を背けたくなるような惨状です。魚が食べたプラスチックはやがて人間が食べることになり、その食物連鎖の恐怖はもう現実のものとなっています。プラスチックをその辺に捨てないようにね・・
と、お願いしました。(文:安藤さん)

子供たちが全員体育館に集合、導入の部分で博士の衣装の講師たちがそれぞれに自己紹介をし、その後、大型世界地図を使って現在の地球環境、特に温暖化について困っている地域などの現状や原因について話をし、次に、6チームに分かれ6か所(,鉢△2か所づつ)の博士を訪ね各博士と共に体験学習も取り入れながら環境問題を考える授業をしました。,日様博士:大型ソーラークッカーで目玉焼きやポプコーンのできる状況を見ながら世界で使われているソーラークッカーの話や太陽エネルギーの力、誰にでも無料で使える便利さなども学習しました。晴天に恵まれてあっという間に出来上がる調理品に子供たちは大喜び。ソーラーで動く扇風機付帽子なども使い楽しく学習できたようです。▲┘優襯―博士:身の回りのエネルギーや停電になったら?・・などについてみんなで考えた後、節電家族ツール、小型風力発電機、手回し発電機などを体験しながらエネルギーを起こす仕組みを考えたり、白熱電球とLED電球の電力差の比較を体験学習しました。ホタル博士:綾瀬のゲンジボタル生息地について大判写真を使って詳しく説明し、市内の生息地や自然とのかかわりについてお話しし自然環境の大切さを学んでもらいました。ぅルタ博士:ふるさとの宝カルタで身近にある地域の歴史や素晴らしい所と共に地域の特産品についても学習しました。まとめとして最後に全員が集合し印象に残ったことを発表し、その後、地球環境やCO2(二酸化炭素)を減らす方法について自分たちにできる事を考えました。(文:西さん)

       
       
       
       
 
※写真をクリックすると拡大写真がご覧いただけます。
一覧に戻る
 
Copyright(C) 2005- ふるさと環境市民 All Rights Reserved.